メシヤ講座・特選集no.154(平成25年11月分)

 <御教え>
『文明の創造』科学篇
小児病

(文創  昭和二十七年)

 本文は『文明の創造』214ページに記載されています。(『文明の創造』購入方法は「出版案内」を参照ください。

また、研鑚資料『文明の創造 二・下』では61ページです。)なお、『小児病』は12月に拝読し学び合う御論文です。解説は、各支部月次祭及び各会場で11月に学んだ『婦人病』に基づくものです。

≪解説≫
『文明の創造』拝読により御神業推進の態勢が一層整えられる

メシヤ教代表 楳木和麿

各支部サイト管理者の労苦を讃える

「メシヤ様御降臨祭」から始まる平成26年度の御神業推進の態勢を整えており、その根幹は主神様とメシヤ様へ真向かう想念や姿勢、形を高めるというものです。『御神業の本筋に入る』とされたメシヤ様の御言葉を具現化してゆく上で不可欠であるからです。

その一つとして、信徒の皆さんの信仰が高まったことを表すように御神体の申し込みが増えていますので、奉安庫を新設するようにしました。総檜で謹製すべく、本部執務室の改装を11月20日に開始しました。12月中旬には完成します。

こうした改装計画に呼応するかの如く、新たな御神業推進形態の試みが各地で進む外、11月度も次々と新たな方々にお会いすることができました。

各教団の専従者の方々が学びを深める過程でメシヤ教のホームページを活用していただいている旨の話もあり、耳を傾ける際に各支部サイト管理者の労苦が報われている実感が湧いてきました。ここで改めてその取り組みをお讃えします

また、信者さんの中には御教えを求めるが故に組織としては異端視される方々も多いようです。そうした方々と接する度にお気の毒になります。しかし、その方々は行動に移されて何よりなことなのですが、そうでない方々を思うと、10月26日に岩波ホールで上映が開始された映画「ハンナ・アーレント」(ユダヤ人の女性哲学者の物語)の台詞「思考不能」を鑑み、今一度我を振り返る機会にしていただくことを切望します。

さて、『文明の創造』の学びでは、『科学篇』を『病気とは何ぞや』から拝読してまいりまして、病気の概念は十二分に構築できたと思われます。そして、10月まで『上半身の病気と中風』から『下半身の病気と痔疾』と拝読を進め、婦人病へと繋がってきました。こうして拝読を積み重ねてゆく中で、211頁の

『茲(ここ)で婦人病に就(つい)て、根本原因をかいてみるが、元々婦人病の一切は、体内に保有してゐる毒素が、漸次(ぜんじ)下降する為であって、下腹部に溜れば子宮、卵巣、喇叭管(らっぱかん)、膀胱等の障害となり、尚(なお)下降すれば痔疾、並に一般陰部の病原となる・・・』

というところをよく確認しておいていただきたいと思います。それは、メシヤ様が『根本原因』と特記されているからです。

次に『医学の盲点』について御記述されている内容は肝に銘じなくてはならないところです。このことに関連して、三重支部が『研鑽資料』として掲載している御講話は非常に参考になります。その中から一部引用しますので参照ください。

***三重支部より***


『御教え集』1号、昭和26(1951)年9月20日発行

婦人病の中の不感症ですね。あれについて深く書いてある。おそらく医学でもあの説明はつかないから――本当は重大問題ですがね。事が事だけにね。

婦人病ですがね、あれは全部薬毒ですね。あれがだんだん――始終下におりて行く。それが下に溜まる。原因は簡単なものです。それを知らないから薬で治そうとして薬を服むから、結局いつまでも治らない。それだけ分かっただけでもたいしたものですね。

『御教え集』21号、昭和28(1953)年5月15日発行

それからこの間は精神病について話しましたが、今日はおもしろいことを教えます。女の病気というと婦人病によるように思うが、そうではないのです。仮にヒステリーとか頭痛とか、頭に関係したいろいろな病気ですが、その時の浄霊は、頭や首のまわりも肝腎ですが、そのほかに子宮を中心としてのその辺が非常に関係があるのです。ですからその辺を浄霊すると頭がなおるのです。そういう場合には女の肝腎な所を浄霊するのです。そうすると頭が非常に良くなるのです。とにかく女のここ(股間)が因です。早く言えば急所ですから、ここに毒があると浄化の熱が出たり、いろいろな溶ける作用が頭に響くのです。

それについて知っておくべきことは、全部、前の方は前頭部に関係があり、後ろの方は肛門に関係があるのです。ですから下痢や赤痢というのは後頭部付近の毒が出るのです。それから前頭部の毒は前の方から出るのです。コシケなどになったりするのです。特にコシケなどは多いのです。そこで天地と言いますから、ここ(前頭部)を良くすると下の婦人病が良くなるし、ここ(股間)を良くすると頭が良くなるというように非常に関連してますから、そういうようなことを知ってやると大いに効果がありますから、試してご覧なさい。あんまりカカアが言うことを聞かなくて、ヒステリーを起した時にはここをやるのです。それで円満になるのは結構です。ここもいろいろな意味が非常にあるのです。しかし場所が場所だけに、医学の方の婦人科かなにかなら言えますが、もっともこっちは霊的ですから、そう詳しく知る必要はないが、こういうことも知っておかなければならないのです。夫婦別れになったり、それから親父が妾をこしらえたり、いろんなことで非常に悲劇ができますが、それは男ばかりをせめることはできないのです。というのは、女によってはここの欠陥のために夫に満足させることができないのです。またそれが割に多いのです。ですから夫ばかりでなく、妻にも罪があるのです。それをなおすにも浄霊によるよりしようがないのです。私は昔不感症をなおしたことがありますが、これはなおるのです。ただ困ることは、“どうですか”と言っても、“お蔭で良くなりました”とは言わないのです。しかしそういうのは顔色で分かります。ニコニコとしますが、それならもう良いのです。

それからよく結婚を嫌う娘がありますが、これはここがたいへん関係があるのです。それは膣痙攣と医者の方で言いますが、ちょっと触っても飛び上がるほど痛いのがあります。そういうのが、私は一生独身でいると言うのです。それは本当のことを言いませんから……そういうのも浄霊でなおります。それから無毛症といって毛のないのがあります。これも皮膚の内部に毒が固まって発毛を邪魔しているので、これもなおります。まだいろいろありますが、そう詳しく言わなくても分かると思いますから、これだけにしておきます。

『御教え集』22号、昭和28(1953)年6月15日発行

 

それからこの前、婦人病について話した結果を二、三の婦人の告白で聞きましたが、ああいう話は今まで聞けなかったし、非常に結構だというのです。これは一番の悩みの病気なのですが、それを分からしてもらったということは、非常にありがたかったという話がありましたから、時々それについても話をしようと思ってます。婦人の病気については、医学的に本などでもいろいろ書いてあるが、あれはほんの上面で、根本が分からないからして、やっぱり根本を知っておかなければ駄目なのです。

それで今言った頭の毒が下がってきて、いったん腰に集まって、男は痔になりやすいのです。ところが女の方は腰に溜まったものが、痔の方でなく前の方に行くのです。これだけが男と違うところです。ですから女の方が便利と言えば変ですが、排泄の管が大きいだけに非常によいのです。男の方が厄介なのです。男の方は出血と言っても非常に重く見られますが、女の方は平気なものです。そういう点から言っても非常によいのです。

ところがそれを知らないために神経を起したりしますが、女のコシケというのは、ごくよいわけです。そのコシケを悪いと思って止めたりするのが今までの医学の考え方ですが、それはとんでもない間違いなのです。そういうようでコシケに出ればよいですが、コシケでなく出るのが困るのです。これはつまり粘膜にカタルを起したり、それからシコリのようなものができたり、それが横の方に来て、股の方に固まって、足が吊ったりすることになるのです。それからお腹がはるのです。それですべて毒が下に下がって行って、お腹から足にかけて溜まっていくわけです。しかし頭だけでなく、いろいろと胸から下がって、心臓とか肝臓の付近などのも、やっぱりいくぶん下に下がります。だから下半身の病気というものは、すべて毒が下がって溜まるというように思っていれば間違いありません

その毒がお腹に溜まると膀胱を圧迫しますから、その結果、小便が近くなるのと遠くなるのと両方あります。遠くなるのは膀胱の尿の出口の方に毒が固まって尿道が細くなるので、そこでそういうのは小便が遠くなるのです。それからそうでなく、外部から圧迫するのは近くなるのです。それは膀胱が小さくなるからです。

それから腎臓のまわりに元気がないとか、腰がふらつくとか、力がないというのは、それが今度は腰のまわりに溜まってきます。腰が痛いとか、すぐにくたびれるとか、足が重いとか、よく不精と言いますが、女の人でもまめなのと億劫(おっくう)がるのがありますが、億劫がるというのは腰から下が重いのです。重いということは腰に一番固まりがあるのです。だから尾てい骨の辺を狙って浄霊しますと、とても足が軽くなって歩きよくなります。従って歩いて息切れのする人などは非常になおります。息切れが腰に関係があるということは、ぜんぜん気がつかないことです。だから自分でもそうですが、少し足が具合の悪い時は、尾てい骨の付近をやると非常に足が軽くなります。それで婦人病の中で、女が非常に怒りっぽくなったり、憂鬱になったり、元気がなく不愉快なようなのは、子宮の辺の原因が非常にあります。そこで腰のが溶けて前の方に出ますから、そこで腰と前の方と両方やるのです。そうすると非常に気持ち良くなります。

それで夫婦喧嘩というような点が大いに良くなるわけです。夫婦円満になります。ですからこれは大いに関心を持たれることです。信者の人ですと自分で浄霊すればよいのですから、これは一番よいです。ただ信者にならない人は、そういうわけにはゆかないから、外部からやれば、それでよほど違います。それからよく結婚を嫌う娘がありますが、これはここに原因があるのですから、そういう娘さんなどをふつうの人間にすることは実にたいしたことです。これは医学の方ではどうにもならないことなのです。外部や医学的ではぜんぜん駄目なのです。それからもう一つ知っておかなければならないことは月経不順です。月経がないとか少ないというのは、貧血が一番多いです。それからあとは喇叭管の入口に毒があるために、つまり月経の通りが悪いのです。そういうのは月経が少なかったり不順だったりするのです。それから痛むのは、下腹と恥骨の中間辺りをやれば、おそらく固まりがありますから、着物の上からでも離してやれば必ずなおります。月経痛というのは必ずなおります。それから月経不順もなおります。貧血というのは、血が少ないので、これはそうはいきません。そのくらいにしておきます。

それから小乗と大乗について、小乗信仰はいけないということについて書いてみました。

******

また、11月度のメシヤ講座では薬毒の他に食材偽装の問題を取り上げ、服用した薬毒や手術等に使用した消毒薬などの薬毒だけではなく、日用品に含有する毒素に対する注意を促しました。

このことについては、大阪支部が安部司氏(「食品の裏側」著者 安部 司 の 公式ホームページ )の講演をまとめてアップしてくれていますので、大変参考になると思われます。既にご承知の方もあるかとは思いますが、入り口的な情報として手にしておくと、あらゆる場面で役立つでしょうから、以下に掲載します。

***大阪支部より***

添加物概論(阿部司氏講演の要約)

5年前に1350種だった認可添加物が1500種となり、輸入果物に使用されている。かつて昭和45年にはレモンに防カビ剤を大量に使ったものが輸入されたが、これはシロアリ駆除にも使用するもの。日本は反対したが、車など日本からの輸出に関する圧力をかけて、認可させた。「圧力」が相当頻繁にあるようである。

さて、百貨店の惣菜は添加物だらけである。

なお「添加物表示」は、1種に対して、実は10~20種類の添加物が使用されているもので、表示上は「分類」として書いているだけであるそうで、実質50~60種類使用されているという現実である。ハンバーグ 150円/1個のものなら、値段からして、80種類である。安全性について、一種何グラムとあるが、複数摂取はもちろん、そもそも0gで無い限り安全があるとは言えないはずだという主張である。

コンビニは期限切れ2H前に廃棄を始め、100万食が廃棄され、ブタの餌にあたえれば、一週間で肥るが、ほぼ180頭のうち180頭が流産し、もし生まれても奇形か虚弱。それにくらべて人は反応が遅く、少なくとも3~5年後にしか現れないが、もちろんそんなことは構っておられない。

着色料も大丈夫!としていても、ネズミではわからなかったが、人間に発達障害が判明。それがリスク。健康はそうして一回壊れたらなかなか回復困難。みんな知っているが、安い、手間無し惣菜を買う、リスクを知っているのだから、ああなった、と諦めもついている。

テレビに出るのも、スポンサーCMに影響する。さて、花王は添加物はボロ儲けなので、宣伝費枠が100億もある。一商品でもアンケート1人1000円使ったりして、開発に20、30億使ってもすぐ回収できるのは、一割原価だからである。油で雑誌は溶けないが、エコナでは溶ける。

農薬でも500種あるが、中国が遅いのは使い方をまだ知らないだけである。なお、日本が形などにこだわる民族なので、そのためにバカスカ使用する、ということになっている。

漁業でも、日本が食う鮭はアルゼンチン、日本の鮭を食うのは外国人。日本人は安ければ買うのが第一番。

阿部氏は4つの国家資格をもっている。従事しているのは、添加物、農業、環境、である。

なぜ添加物か、といえば一番化学含有率が荒く、表示が多くメリットとリスクを説く上で一番わかりやすいからである。

なお、添加物はフロに醤油1杯、香りも味もない、農薬のPPM単位はフロに一杯、それを一杯すくってフロに入れたもの、そんなに薄くても「効く」のであるからそれだけ猛毒だからという。環境はピコ単位であるが、学校プールにひとつまみ、であり、これはダイオキシンなどである。

環境といえば、原子力。電力の無駄遣い。おかしな色艶の肉も、スーパーの照明のおかげ。ゆえにスーパーは、一個2000円もかけての照明。コンビニは、一日4回も運送。スペース狭いから小分け・・・など。莫大なエネルギー。

原子力といえば、友人のフランス人いわく、原発30キロ圏内には毎年ヨード剤が配られ、子供のころからリスクをよく知っている。日本人は知らない。

添加物概論

コンビニのおにぎりは、古米など当然。食えるもの、ということよりも、安いもの、なら何でもアリ。添加物など、リスクは承知でしょう、ということ。

ハムは、チャーシューの色が本当。練り物に使う、「ソルビン酸ナトリウム」は使用が非常に厳しい。僅か10種類くらいの食品に使用限定される。ウニ・・イクラ・・・・ハム・・なぜかといえば、毒性が強いから。薬用ニキビや、薬用化粧品にも使われる。いまは、ソルビン酸に代えてドンドン使えるものとして、アレもコレもと多量に混ぜて、使用している恐ろしさ。どこまでも、法より、安価のための目的達成に必死。

国産えびは、ぷりぷり。外国産えびは、リン酸塩で、甘みもプリプリも出る。でも大丈夫!と使用してきたら、ネズミでは引っかからなかったのに、人間に骨粗鬆症を引き起こすことが判った。「法」とは、保障ではない。あとから判明しても、「しゃーないか」と消費者。

危害未満を「=安全性がある」ではなく「=安全」と認識している錯覚さ。

これは30年間体内に蓄積して、出ない。でも、使っている。消費者がまた、わかってても、買ってしまうから。一度手にしたら止められない安さと便利さ。「自分で作れば、高いし、手間だし、手が汚れたり、臭いゴミ出しがぁ~」と、ついついに手を出す。

豆腐は、圧縮して空気ガス抜きしてるから、実は三ヶ月もつ。しかし、三ヶ月ももったらオカシイと思われるので、2週間とかにわざとしている。

惣菜メーカー

「コストの低いようなモノを作って見ろ。いいか、冷蔵扱いのは作るな。オープンケースにしないと、客は手を伸ばさない。」「はあ、そりゃもう、できますよ」「でもすぐ腐ったら儲からん。三日間常温になっても腐らん惣菜を作れ」ここで、常温でもドロドロ汁が出ないように投入するのが「PH調整剤」リン、乳化剤、油・・・・いくらでも添加物を投入してもいいことになってる。恐ろしい添加物の複合体である。そうして、表示はPH調整剤だけでいい。しかし、大抵これはよく使用されている。

■添加物の一時楽なメリット と 健康リスク
■その覚悟をしろ
■その選択は価値観の優先順位にある

「みんな、カップメンなど食って病気になっても、まあ仕方ないか~と言うんだからね。私はいけないとは言えないですよぉ。」

添加物概論 

『添加物の働きと目的』

①安い

純米酒一本から合成アルコールで5,6本作れる。梅酒など合成アルコール。カズノコも、違う卵をプレス成形するから、みな同じ形「安ければいいなら、ダイヤでも人工ダイヤで安いからいいでしょ」

②簡単

「惣菜買ってきてパセリでものせて、ハイどうぞ!こんな楽な料理はないし、便利だわ~。と、便利だからみなさん買うでしょ?もっと楽したければ、パックごと出せば洗い物も無いし」

③便利

冷凍も解凍すればいいだけだから。解凍して汁がでるから、PH調整剤を入れて、ああ新鮮!と思う。

④綺麗

日本人は何でも、見栄え、綺麗、粒ぞろいが良ければ、みんないいと思って買ってくれるから、何でも添加物をいれちゃえ。「山菜うどん、まあ緑色がすてき!綺麗だから新鮮だわ~」実は、カイコのフンを食っている。これからクロロフィルを作り、硝酸塩をかければ、緑色が鮮やか。

⑤味が濃い

中国産で味が苦く超マズクても、添加物で味を濃くつければ、おいしい!、の出来上がり。スーパーとか百貨店とか、何でも入っている。

業務スーパーに行けば、業務用のが買える。事故米からとったデンプンに、乳化剤、PHで一ヶ月保存、黄色、ブドウ糖加糖液で手作り感、ソルビットで濃い味が切れやすく・・ タダでくれる、ミニのコーヒークリーム。安いサラダ油に、エコナの強力版の乳化剤、とろみは虫から・・キサンタンガム。・・・虫だろうが、添加物の原料には、規制無し。何でも国はOK!としてくれる。これにPH調整剤どんどん増やして行くと、みんなが好きなコンデンスミルク。酸味をいれれば、おいしいドレッシングで売っている。 ショトーニングに乳化剤やPH入れて、マーガリン、添加物だらけでだんだん腐らないマヨネーズ・・・。タクアンも残留農薬あっても、バレないし、売れちゃう。

濃い味多量の塩・・・がみんな大好き!!カップ麺。とんこつなど、海水濃度350ミリリットルも入っている。海水なら、飲めないでしょう。 成人女性摂取量の一日分にあたり、それを、子供が添加物をいれれば、「旨い!」と汁までゴクリと一回で。これにより多動性症(=発達障害)の幼児が増えてるでしょう!と問題になった。

しかし五点メリットがあるから、「まあいいや」と食っちゃう。油は31グラムも入っている。大さじ3杯、そのまま飲めないでしょ。カップメンの方が、ポテチより油が多い。容器に油がついているので、多いように思う。ポテチは表面に油、カップメンは練りこんでいる。これが発がん性のトランス脂肪酸となっている。また、高カロリー。焼きソバなど、1150もある。塩は46グラムも!ダシ、スープ、テレビで中居君が宣伝しているもの、全部ここで作れる。

ジュース無果汁・・・無ということは全部添加物。10%でもあとはみんな添加物。500ミリリットルの清涼飲料に、砂糖がワンカップ分ははいっている。こんな量の砂糖水、恐ろしく甘くて飲めない。で、飲めるように味付けする。 カロリーオフ、といって、それでまた添加物。「ジュースでもコーラでもトンコツスープでも何でもここで作れますよ。そりゃ、商売ですから、何でも作っちゃいますよ」

ジュースは、炭酸に、もちろん遺伝子組み換えトウモロコシで作ったブドウ糖加糖液。アメリカの大豆畑は広大で凄いが、大豆のタネを虫が食ったら死ぬ。

酸味は、リンゴ酸。リンゴ酸といっても化学で作る。あとクエン酸。ビタミンCにアスコロピン酸を1/1000グラム。これでレモン1000個分と表示。本当に1000個分なら果汁だらけになる。

オレンジ色の石油でつくった添加物。これで、レモン色を作る。色だけ、味はまた別の添加物。添加物は、色と味は別々ね。発達障害の原因となる。

コチニールは、ハムなどにも使う、ジュースはオレンジ。黄色と青色も石油から。これでコーラの色をつかう。石油系は発がん性があるが、そんなのいつなるか、なってもバレない。

アメリカの小学校には自動販売機は設置不可。糖尿病になってるから。歯科学会でも、子供に、永久歯が生えない、と警鐘ならしている。

沢山の添加物のビンを調合しながら、あれよあれよと話す片っ端から、ファン○レモン、永谷○のまつたけお吸い物、トンコツスープが出来上がって、会場に回ってくる。

添加物とガン

私達は、一日に約80種類以上(6g)の食品添加物を食べているそうです。食品添加物のは、単体(一種類ごと)でしか、チェックされていないのが現状です。実は、食品添加物の食べあわせってあるんですよ。亜硝酸塩とソルビン酸(保存料)・亜硝酸塩とパラオキシ安息香酸エステル・亜硝酸塩とアミノ酸等などは、一緒になったり、紫外線を浴びたりすると発ガン物質を作り出すおそれがあるのです。だけれど、そういったチェックはされていないようですね。

私たちの食生活は、一つ添加物で作られているわけではなく、一日に何十種類の添加物を口にしてます。その毒性検査は十分に行われていないのが現状なのです。

********************************

岡山支部での積み上げの話

御神業推進のために必要な原則的なことを岡山支部で先々月から積み上げています。専従者研修で取り上げるような内容ですが、御神体に真向かう姿勢、御神業推進の姿勢を積み上げて話をさせていただいていますので、掲載します。併せて参照ください。

***岡山支部より***

《話す場合、聞く場合の心掛けが必要な訳は》

それとあと岡山では、専従者研修会のような話を先々月、先月としてきました。特に○さんの祈りを中心に、専従者に話さないといけない様なことをずーっと私は話しているんですけど。また一段と深まりましたですか、御参拝する・・・(笑い)。

参加者:ご想像にお任せします。(笑い)

代表:先月は話の仕方・・・相手に話す場合と相手の話を聞く場合の心掛け、心構えみたいな話をしましたけど、これはやっぱり専従者として人をお世話する時に最低限必要なこととして、私達が職員時代からですね、心掛けてきたことなんですけども・・・では何故そんな気持ちで人と話をしていかないといけないかということなんですよね。で、何故そこまで窮屈な思いもあるような状態で人と話をしないといけないかというのが、実は今日、『世界救世(メシヤ)教教義』という御教えを拝読していただいたんですけども、『抑々、世界の創造主たる主之大御神(エホバ)は、此地上に天国を樹立すべく、太初より経綸を行はせ給いつつある』ということを私達は信じているからなんです。

で、それに必要な人とか、宗教というのを主神様が作って今日まで来られたということなんですね。で、その御神業の根幹を担うためには、そういう気持ちがないと中々担えないという事なんです。ですから月次祭の時には、必ずこの『世界救世(メシヤ)教教義』を拝読していただいているのと、それから家庭で家庭祭をさせていただく時には、この『世界救世(メシヤ)教教義』をですね、必ず拝読していただくのは、この主神様の御経綸の中に自分を中心的に使わせていただくために、「最低限持っておかなくてはいけない」心構えというのがあるので、まぁ○さんをいじくった様な話をずうっとしているわけですよね。

ですから、お答えが「ご想像にお任せする」では駄目なわけなんですね。だからどの辺まで深みが出来たかなというのが聞きたいわけですね。

参加者:私も今までの生き方が自分中心で、人の事をこうすればこの人はこうするんだとか、しないといけないとか、そういうようなことが、経験が、全然出来てなかったんです。それが少しずつ、そういうことが自分の中で考え出すことが出来るようになって、言葉というものは生まれてから亡くなるまで一生涯使っていかなくてはいけないものなのに、少し極端に言えば、言葉によってその人を生かしたり死なせたりする、もの凄く大変な問題だなぁということを教えていただいて、あれをこの前いただいて恥ずかしかったんですけど、どういうことを自分がしゃべったかということをもう一回確認させていただいて、自分の中で少しずつですけど、今まではすぐしゃべっていたのを一呼吸置いてしゃべるように心掛けています。

代表:なるほどね。まぁ、今までのですね、世界救世教のそういう組織の中と○○○○教団という組織の中でですね、どうしても信者さんとそれから専従さんというのがいたですよね。で、専従さんというのは、色々責任があるから大変だという気持ちでやっていたんだけれども、実はメシヤ様の弟子として御神業を担わせていただくという点に於いては、専従も信者も本来ないわけなんですね。みんな信者さんで、信者さんの中から専門職として皆さんのお世話に取り組むとか、或いは施設を整えていくとか運営していくとかという役割の人もいらっしゃるんだけれども、総じてみんなメシヤ様の弟子として動く決意を持って入信したわけですよ。

だけど、私は信者、あの人は専従者、あの人は世話人というような考え方を、どうしても役職があるために思ってしまうんですよね。その為に自分の言動に、どうしても気を使わない言葉使いをしてしまったり、とか・・・。

しかし、メシヤ様の、いわば看板的に私達は生きているわけなんで、自分達の言葉が即メシヤ様の信用に係わってくるというくらいの気持ちを持って、人と話したりしていかなくてはいけないというところまで、何十年か信仰していたら、そういう境地に立っていただきたいんだけれども、中々今までの組織がそこまでのですね、心を持っていただけるような話の仕方というのをして来なかった。

だから、先ほどの○○さんとの話でもそうですけど、自分の役割はこれをやっておけばいいんだというようなことだけで留まってしまっているわけで、メシヤ様の教えを間配っていく、メシヤ様の揮われる力を一人でも多くの人に授けて行く、という、そういう取り組みが自分に懸かっているんだという気持ちがですね、ないと、やはりそこまで、言葉とかにも気を使う必要はないですのでね。

で、言葉に気を使う必要が無いということは、そういう自覚がないということなんです。お互いにね。だから今回、○○さんが自覚を・・・生まれ変わるようなね、自覚を持たれたということは、○○さんだけじゃなくて、我々みんながそういう、みんなそういう気持ちになっていただきたいために、先々月からこういう話をしているわけですよね。

しかも皆さん方は、長年世界救世(きゅうせい)教を支えてきて、そして組織の運営に携わってきた方々なので、この際一挙にですね、メシヤ様の真の弟子になっていただきたいために、そういう言葉のこととか、それから浄霊力を更に身に付けていくということについてですね、勉強していただきたいと思って話をしているわけなんでね。

だからそれを受けて、どこまで深まりを受けたかなぁというのを聞きたいわけですね。

《救いのスタートは先祖供養から》

参加者:私の場合には、全然幸せ過ぎて、私今までは人に言われたことを、楽でいいから、生活上楽な方へ楽な方へ、と逃げていたんですよ。そういう生き方というのを今までしてきまして、それまで喘息の浄化をいただいていましたから、それこそ廻りが全部してくれていたんです。それが居心地いいと言ったら申し訳ないんですけれど、それが当然と言ったら申し訳ないんですけれど、「ありがたいなぁ」というのはあるんですけど、とても感謝というのは出来てませんでした。

 それが、今まで多くの人に色々見せてもらったり聞かせてもらったりしていたことを、これからは御神体をいただいて、教えてもらったことを少しずつ、お伝えさせていただいたらいいんだなぁ、と思っています。

 そういう中で、浄霊力を拝受された方は多いんですけど、こういう方々に対して先祖のこととか家庭慰霊祭のことをどのようにお伝えしようかなぁと思っているんですが・・・。

代表:メシヤ様時代、御在世中ですね、当時支部長とか教会長とかになられた御家庭の一番最初は、御神体とか非常に献金が高かったので・・・入信の献金も初任給くらいですから・・・だから中々入信も出来ないですよ。初任給の1ヵ月分をお供えするというのは中々大変ですよね。だから最初は(浄霊を)いただきに行くくらいしか出来なかったんですけど、しかし、その中で何で家が変わって来たかというと、仏壇が整っていくという事からです、どこも・・・。

 だから、先祖供養からどこもスタートしているんです、入信しようがしまいが・・・。このことは日本人として一番先にしないといけないことなので、入信とか関係ない、このことは。もうとにかく、浄霊力を拝受いただいた人から、そういうところを整えて行かないといけないので・・・。で、そういう積み重ねの中から、どうしてもこういう取り組みは大切なことなので、私もさせていただきたいという人だけ入会してくればいいんで、したくない人に入会してもらっても困るから・・・。

参加者:それはよく分かっているつもりです。

代表:そういう御用をさせていただきたいという人だけ入会してくればいいのでね。しかし、御縁をいただいた人は家庭を整えていかなければいけないので、ご先祖をお祀りするとか、それから仏壇の無い所は仏壇を用意する。で、仏壇のある所では、毎日のお勤めはしているけれども月に一度の慰霊祭はしてないというのであれば、「させていただいた方がご先祖の為になりますよ」というような話をしながら、段々お世話をしていけばいいのではないかと思いますね。

 まぁ、そういうお世話が少し出来るようになったということは、想念が大分変わったということですね。(笑い)

参加者:いえ、皆さんのお蔭です。自分の回りの人がすばらしい人達ばかりですから・・・。(笑い)

《メシヤ様の御用を担う為に浄化を許されている》

代表:要するに喘息を持って、喘息で浄まっていっているわけなんで、体が・・・。それは、何の為に出るかということなんです。それは、メシヤ様の御用を担う為に出て行くわけなんでね。だから浄化を許されれば許されるほど、「メシヤ様の御用を私は担えるんだ」という気持ちを持っていただきたいと思います。(後略)

******

三カ条を紙に書いて貼ることにより子供に変化

最後に、広島支部のブログでアップした子育てにおける体験記が大変好評でしたので掲載します。

***広島支部より***

学ばせて頂いた躾の基本

私はひと月前より四六時中、ズンズン、キンキンするような耳の痛みに悩まされ気分も体調も悪く困っておりました。

そのような折、小学生になった長男の担任より、校内での言動の気になる点の指摘を受けました。

入学して以来、家庭内での言動に心痛めておりましたが、学校での様子を聞き、益々私の耳の状態も悪くなりました。

御浄霊を頂きながらも変化はなく、辛い日々に思いあまり支部責任者さんを通して代表先生にお伺いして頂きますと、

「子供を育てて行く生活の中で、親が躾ておかなければならなかった事がきちんと出来ていなかった事が原因としてあるわけだけれど、今回今まで悩んでいた家庭内での言動と学校の先生に聞かされた事が重なって頭を悩ませている為に耳が痛いという事が起こっている。親が教えなければいけないことは

①挨拶をする

②約束を守り嘘をつかない

③自分の事は自分でし、人に迷惑をかけない

これを改めていけば、耳の痛みも直ぐによくなるから」との御指導を聞き、ハッとしました。私の耳は子供の行動を注意している時は特に痛み妙な音が聞こえていたのです。

直ぐに主人と共に、親として大切な躾が出来ていなかった事のお詫びと今後を改めていくお誓いをさせて頂きました。

そして御指導頂いた三か条を紙に書き子供に読ませました。

翌朝、驚く事に耳の不快感が抜けスッキリとし耳の痛みも消えていたのです。

朝食後、子供に三か条を読み上げさせ、登校の際毎朝の事ですが、近くの友達の所まで連れて行きました。

すると突然、子供が自分の口から大きな声で「おはよう!!」と言ったのです。

保育園の頃より「挨拶は?」と言っても全く言いませんでした。

それも、人一倍恥ずかしがり屋の為と諦めておりました。

変わった瞬間を目のあたりにし、親が変われば子供が変わり、困った子はいなく全て親の責任だと痛切に反省させられました。

今回の出来事に、長年の闇夜から、温かい昼の光に包まれたような幸せな気持ちになりました。

今では登下校も、知り合いにも、知らない方にも、自分から率先して元気に挨拶をしております。

私に頂いた耳の御守護、並びに夫婦の念願であった子供の内気さの改善を、いとも簡単に変えて頂き、言葉では足りないくらい感謝いっぱいです。

頂いた浄化と子供を通して学ばせて頂いた事を、糧に生活の向上をより一層向かわせて頂きます。

主神様、メシヤ様、代表先生、多大なる御見守りに心より感謝申し上げます。
このページを印刷する