メシヤ講座・特選集no.166(平成26年11月分)

 <御教え>
『文明の創造』宗教篇
仏滅と五六七の世

(文創  昭和二十七年)

 本文は『文明の創造』313ページに記載されています。(『文明の創造』購入方法は「出版案内」を参照ください。

また、研鑚資料『文明の創造(三)』では47ページです。)なお、『仏滅と五六七の世』は12月に拝読し学び合う御論文です。11月に学び合った『霊界に於ける昼夜の転換』については、HPアップしている各支部の内容も併せて参照していただければ幸いです。

≪解説≫

『文明の創造』拝読により歴史観が一層明確になり不変の経綸全貌を覚ることが許される

メシヤ教代表 楳木和麿

『文明の創造』の宗教篇に入り、11月はその論旨の根幹部分になりました。御記述の文面に対して各支部で学んだことをダイジェスト版にしました。

『私のいふのは大宇宙のそれであって、此(この)事を知るとしたら、人智では到底想像もつかない程の大神秘を会得する事が出来、それによって今後の世界の動向も分り、未来の見当も略(ほ)ぼつくのである。』(下記説明は三重支部より引用)

(先生)愈々この『文明の創造』も深いところに入ってまいりまして、とりわけ本日拝読していただきました『霊界に於ける昼夜の転換』と言いますのは、仏教のことにも触れていますので、仏教界からは反発を受けるような内容であります。日蓮の法華経の点において『文明の創造』を最初に世に出された○○○○先生もそこを外さざるを得なかったところがあります。それから『旧約聖書の中の禁断の木の実とは薬の事を言ったもので、深遠な神の謎を述べたものである』という箇所はキリスト教神学者から手厳しく批判され、外さざるを得なかったようです。そういう意味では一番根本義を出すことが出来なかったので、この『文明の創造』によって初めて仏法や薬毒に関する根本義が世に出たということになります。

そういう意義を持って、本日拝読させていただいたところをもう一度確認させていただきますと、最初のページの3行目に

『成程それには違ひないが、私のいふのは大宇宙のそれであって、此(この)事を知るとしたら、人智では到底想像もつかない程の大神秘を会得(えとく)する事が出来、それによって今後の世界の動向も分り、未来の見当も略()ぼつくのである。』

と書かれています。私たちは信仰の対象をメシヤ様として、そして、メシヤ様の御本体である主神様に向かってお祈りさせていただくときに〝大宇宙のそれ″というところが一番大事になって来るわけです。このことを解って日々の参拝をさせていただくことが大事ですし、『夜昼転換』ということが解れば今後の世界の動向も解って、しかも未来の見当もほぼつくということですので、そういう意味では世の中の見方とか人類の歴史を見る上において『夜昼転換』という御教えは〝根本的な御教えである″ということが本日拝読させていただいたところから良く解るのではないでしょうか。

『霊界に於ても現界に一日の中に昼夜がある如く、十年にも、百年にも、千年、万年にもあるのである。』
(下記説明は三重支部より引用)

次に306ページの8行目を見ていただきますと、

『それによると、霊界に於ても現界に一日の中に昼夜がある如く、十年にも、百年にも、千年、万年にもあるのである。』

というふうに・・・。今書籍として出ていますが、岸田一隆著「3つの循環と文明論の科学-人類の未来を大切に思うあなたのためのリベラルアーツ」では、「この人類の中には飛躍した時がある」という解説をしています。

第一の飛躍は約10万年前、〝言語を持つことを許されて、世界に散らばった時期です。

第二は約1万年前に農業を手に入れ、栽培をするようになり定住をするようになったいわば〝文明が始まった時期です。日本で見ても三内丸山遺跡は6500年前から3500年位前の遺跡を見ると栗を栽培して三千年間くらいは定住しています。その間に文明の基礎ができたということが解っております。

第三は18世紀に産業革命が起きてそのことによって物質文化が物凄い飛躍を遂げました。一方自然の破壊も進みました。自然が再生産をする力とか浄化をする力が現代においては飽和状態になっています。

私たちは酸素を吸って二酸化炭素を出すことによって呼吸をして、この呼吸が生命活動になっております。産業革命で人類がやってきたことはこれも酸素を燃やして二酸化炭素を排出するということを通して、産業が発展してきたのです。ですから今は二酸化炭素が地球を覆って温暖化が進んでいるということを言われています。これを再生産するということはアマゾンとかの森林で光合成をして二酸化炭素を酸素に変えていくというのが再生産なのです。

それから海に悪い物質が流れてきて海を循環する中で、浄化して行くということが起きてきます。例として解りやすいのは瀬戸内海の渦潮ですが、これは中国山陽側と四国から瀬戸内海へ出される排泄物あるいは工業の排水をあの渦によって入れ替えて瀬戸内海を綺麗にしていきます。そういう浄化能力が飽和状態になって2006年は本来の地球の生産能力の1.4個分を使ってしまっているので地球としては浄化能力がなくなってきているということです。それで日本人の生活が世界に広がると地球の2.4個分になるということです。アメリカ人の生活を全人類が行うと5.3個分になるそうです。それだけ環境破壊をしているのです。

ですからこの人の言いたいことは、我々の生活を発展に向けるのではなくいかに穏やかに生活するか、というように切り替えていかなければいけない時期を迎えている。ということが論旨なのですが資料として興味深いのでお話しました。

ですから、専門家から見ても『昼夜の転換』が起きているのですけれども、メシヤ様の人類救済の御立場からすると、『十年にも、百年にも、千年、万年にも』昼夜の転換が行われているということを当てはめますと、〝約1万年前の転換は農業や都市の発達だったと言えるのではないでしょうか。そのように考えていけば、私たちの歴史の見方ということが非常に深いものになっていくのではないかと思います。

『そこで今私が言はんとする処は、世界の大転換に関する主なる点であって何よりも先づ大転換の時期であるが、それは1931年6月15日から始まってをり、1961年6月15日迄の、三十年間で一段落がつく事になってゐる。(下記説明は浜松支部より引用)

先生 続いて読んでいきますと

『従って其(その)転換毎(ごと)に、人類世界にも反映するので、それが霊界の方では絶対正確であるにも拘(かか)はらず、現界へ移写される場合、幾分の遅差は免(まぬが)れないのである。其(その)事を頭に置いて、長い歴史をみる時、大、中、小種々の歴史的変化をみるのは、其(その)表はれである。そこで今私が言はんとする処は、世界の大転換に関する主なる点であって何よりも先(ま)づ大転換の時期であるが、それは一九三一年六月十五日から始まってをり、一九六一年六月十五日迄の、三十年間で一段落がつく事になってゐる。』

と書かれています。この1931年は皆さん方、ご承知の昭和6615日の『夜昼転換』の神事を房州鋸山でメシヤ様が執り行われたことです。

それから30年間で一段落つくということになっていますが、実は一段落つかないで、きております。それはメシヤ様が予定より早く御昇天されてしまったからです。

昨日、新潟出張所でもいろいろ話をしたのですが、メシヤ様が昭和29年の615日にメシヤ降誕仮祝典を執り行ったのですが、そのあとすぐ“メシヤ様と呼ばない”という形に教団はしてしまいました。

それから、昭和25年の5月に御法難が起きたときに、メシヤ様は『もう一切御神業から引く』といったんおっしゃったのですが、そのときに野沢明一氏がメシヤ様のところにお詫びに行って、『明一が詫びたのであれば、もう一度御神業を再開しよう』ということで御神業が再開され、そのあとすぐに『文明の創造』の原稿を執筆になられ始めたということであります。

メシヤ様の御存在に対する認識が、残念ながら当時の大幹部と言われた方々がどうしても理解を深めることができなかったために、執行部によって『メシヤ様』の御名を取り下げてしまいましたので、それでここの30年で一段落がつくとありますので、本来昭和36年の615日で一段落ついていないといけなかったのですが、メシヤ様が御昇天されてしまったために一段落つかないまま、今日を迎えております。

それでメシヤ教の御神業というのはこの一段落をつけるために今、進めております。

一段落をつけるということはどういうことかというと、全世界を救うための準備をするということが一段落です。そのために一つは『祈りの栞』を作り変えて、主神様に真向かう、メシヤ様に真向かう姿勢を整えるということです。今、『祈りの栞』を何度も赤字を入れて作っておりまして、だいたい今月中に校了するべく三重支部にやってもらっています。また三重支部と私が合流して最終的な校正をして作り上げていきたいと思っております。

その中には世界救世(きゅうせい)教ですら、祝詞奏上と御神名奉誦の違いを教えてこなかったわけです。私もメシヤ教を始めた当初は充分実行に移すことができなかったので、祝詞を自分の目で見るというところに達するまで年数が必要でありましたし、奉誦というのは祝詞を見ないで諳(そら)んじて奉唱することを奉誦と言いますので、そうした違いをメシヤ様に御神縁の繋がる人にはきちっと教えて、作法も最低限のことがわかるように写真を載せて、1223日には皆様にお渡しできるような形で準備を積み重ねております。

それと同時に、今回「メシヤ講座・特選集」に書いてありますように、浄霊の基本等も今年中に整えて、来年は浄霊を伝授するときの本も改訂して作り上げていきたいと思います。『文明の創造』の本ほど厚くはありませんが、これの3分の1くらいの厚さにして、最後のページに一通り読んでわかったら、「浄霊力拝受お願い書」を綴じ込んでおいて、それに書き込んで、支部にもってくるなり、本部へFAXや郵送するなどして浄霊力を拝受できるような体制をとっていきたいと思います。

それから、今の日本の・・・宗教観というものを日本人は充分に正確なものを持ち合わせていない面があります。本来の宗教はいったい何かということを「『祈りの栞』に寄せて」という中に書いてありますので、それをもう少し外部向けに書き変えてそういうものを合本にした本を来年は出そうとしております。どなたでも購入して、どのような宗教に所属しようとも信仰生活はこういうことだということがわかるような、そういうものを通して一段落をつける形をとって、そしてそれができて一挙に世界へ布教できる体制をとっていきたいと、今、考えております。

そのような意味で、より一層メシヤ教の御神業を支えていただきたいと思います。

それから世尊は斯(こ)うも曰(い)はれた『儂(わし)は見真実によって分った事だが、今迄説いて来た多くの経文(きょうもん)は、少からず誤りがあるので、今日以後真実を説くから、よく之によって正覚を得られよ』と仰せられたので、此(この)時からの経文(きょうもん)こそ仏法の真髄である事は確実で、それが法華経二十八品(ぼん)と、法滅尽経(ほうめつじんきょう)と、彌勒出現成就経である。処が、其(その)事を発見されたのが彼(か)の日蓮上人であって、上人は此(この)発見によって他宗教義悉(ことごと)くは見真実以前に説かれたものであるから、真実ではない。独り我法華経こそ仏法の真諦(しんたい)であるとして、・・・(下記説明は浜松支部より引用)

先生 次に308ページの釈尊の見真実に達した話が出ていますが、

『儂は見真実によって分った事だが、今迄説いて来た多くの経文は、少からず誤りがあるので、今日以後真実を説くから、よく之によって正覚を得られよ』

と仰せられたので、此時からの経文こそ仏法の真髄である事は確実で、それが法華経二十八品と、法滅尽経と、弥勒出現成就経である。処が、其事を発見されたのが彼の日蓮上人であって、上人は此発見によって・・・「他宗教義悉くは見真実以前に説かれたものであるから、真実ではない」と言って、一大獅子吼となったのです。このことを、お釈迦様が見真実に達してわかったことを日蓮上人が発見したからこそ、『夜昼転換』の黎明期を迎えたということです。

日蓮上人が中国に行って、万巻全部のお経(原書にて)を読んでこのことがわかったので、今の日本は真実ではないということで、この仏教を本来の在り方に改革をしていかないといけないと決心を固め、伊勢神宮にお参りに行っています。そして伊勢神宮で天津祝詞を奏上して、日本の神様に力をいただくべくお願いをして、それからふるさとの千葉へ帰って一大獅子吼ということになったのです。

ですから日蓮宗のお坊さんはみんな天津祝詞を奏上することができるのです。しかし、この天津祝詞の奏上の意味がわかっているお坊さんとわかっていないお坊さんがいるので、日蓮宗のお寺にはところによっては稲荷を祀っていて天津祝詞を奏上しています。本来、天津祝詞は伊勢神宮に行くときに唱えるために、日蓮宗のお坊さんは天津祝詞を覚えておかないといけないのですが、この日蓮上人と同じようにすべてのお経を読んだお坊さんがいないので、なかなかそこまで達することができない状態である、とういうことを私達はメシヤ様から教えていただいているので、日蓮宗に対する見識も持っておいていただければ大変ありがたいと思います。

それから次に、ずっと拝読して最後のところまでいって312ページの1行目から

『此三人の仏陀が三尊の彌陀である。とすれば阿彌陀と釈迦は、夜の世界の期間の御役であったに対し、観音は昼の世界にならんとする、其境目に観音力を揮はせ給ふのである。此経綸こそ昔印度に於て、仏法発祥の時已に誓約されたものである』

この『仏法発祥の時已に誓約された』ということが大事なことですので、これをよくご記憶しておいていただきたいと思います。

この発祥の時に既に誓約された内容が、もう一度308ページに返っていただいて、6行目に

『儂(わし)は今迄終生の業として仏法を創成し、一切衆生を救はんとして大いに努力を続けて来たが、今日大仏陀から意外なる御諭しがあった。それによると或時期に至ると、我仏法は滅すると言ふ事で、大いに失望したのである』

この仏滅の意味はほとんど日本人には今、分かっていません。大安と仏滅ぐらいの差でみんな認識している程度で仏滅が一番悪いというぐらいに思っておりますので、ほぼこの意味はわかっておりません。

それでは『今日大仏陀から意外なる御諭しがあった』というこの大仏陀は誰ですか? ○○さん。大仏陀とは?

参加者 伊都能売神皇(いづのめしんのう)。

先生 そう。だから伊都能売神皇が仏教の祖であるということを日蓮上人が知ったので、それで『夜昼転換』の黎明期を迎えたのです。

しかもこの時、仏滅が来るということをこの時から約束されているということ。これが既に誓約されたということです。誓約されていた内容というのは“仏の華が咲いた後、仏滅が来る”ということですので、今が仏滅に入りつつあるということです。(後略)

『仏法発祥の時已に誓約』については大阪支部では次のように話しました。

それから最後のページの3行目のところに

『其境目に観音力を揮はせ給ふのである。此経綸こそ昔印度に於て、仏法発祥の時已に誓約されたものである。』

ということであるので、この『誓約』というところは、もう一つ私達はですね、しっかり確認をしておかないといけないことであろうかと思います。それは、素盞鳴尊がですね、日本に武力を持って約3000年前に押し掛けて来て、そして、その当時の日本の頂点にいらした伊都能売神皇様が、密かに抜けられてインドに降って行って、そしてお釈迦様に仏法として教えております。その時の『誓約』は実はこれなんだということをよく理解しておかないと、その仏教が一旦日本へ入って来て、そして暫く日本に拡がった後、次に日蓮上人が出現されて、その真実を理解して仏教改革に立ち上がることによって、この『夜昼転換』の黎明期を迎えることができたんだ、と。そしてメシヤ様の御出現によっていよいよ『夜昼転換』を行うことができた、と。こういう3000年間の繋がりをですね、この御教えを基にしてしっかり私達は、頭に捉えておいていただきたいと思います。

実は、これが経綸なんだということですので、これ以外の経綸というのはこの世の中には存在しないという・・しかもこの経綸は変更がないということです。ただ遅らせているのは人間の努力不足で遅らせているところがありますけれども、経綸上の変更はないということです。この経綸をしっかり受け止めて、そして私達は御神業をですね、今後も精一杯取り組ませていただきたいというふうに思いますので、そういうことを思い出しながら、本日のところは繰り返し繰り返し拝読をしていただきたいというふうに思います。

観音は昼の世界にならんとする、其(その)境目に観音力を揮(ふる)はせ給ふのである。(関連して下記説明は大阪支部から引用)

参加者 密教とか、法華経は学んだりとかしてないんでしょうかね?

代表先生 密教の祖は誰ですか?

参加者 あの~。

代表先生 弘法大師。

参加者 そうそうそう。

代表先生 弘法大師のやられたことはなんですか?

参加者 弘法大師はずーと回られましたよね。

代表先生 ずーと回って・・何をして回ったんですか?

参加者 寺を作られたりとか、そういうことじゃなくてですか?

代表先生 密教をもって何をやったんですか?

参加者 仏教を定着されていかれたんでしょうかね?

代表先生 仏教を定着したのは弘法大師ではないので。仏教を定着させたのは奈良時代からずっと為政者がしていったので。

参加者 あ~そうなんですか。

代表先生 密教で人を救っていった訳なんです、弘法大師は。人を救うというのは病気を治すだけではなくて農家の人達が水害とか様々なことが起きるので、その困っているのを助けるために密教を使っていったわけなんで。

だから弘法大師のやられたことは、言わば、今私達はその延長線上で浄霊ができてるわけ。で、日蓮のやられた延長線上で私達は御教えというのを手に入れているわけなんで。

参加者 親鸞とかあの~。

代表先生 親鸞は何て言われてる?野卑な言い方で・・・。

参加者 あの~。

代表先生 「門徒、物知らず」と。そこに真理はないわけなので、真実は。親鸞を世に出した人は誰なの?

参加者 法然じゃなかったっけ。

代表先生 法然とか蓮如でしょ。そしたら如だから、真理の如しだから。だから真理ではないので、そこから流れて来るものは御詠歌とか演歌の世界に流れて来るわけなんで。人を慰めるとか人の心を落ち着かせるとか、そういうことで今日本ではずーと定着して来ている訳なんです。

参加者 今のその密教とかでも法華経とは、・・・勉強してないんですか?

代表先生 要するに日本でお経の原本を全部読んだ人は日蓮上人しかいないわけで、後の人は全部は読んでないので。

参加者 あ~じゃ伝わってない可能性が。

代表先生 うん。空海上人は何故それだけの力を発揮されたかというと、お釈迦様に教えを説いた伊都能売神皇様のことが分かったからなんで。

参加者 あ~。

代表先生 だから力(観音力)を発揮できるわけで。

参加者 お釈迦様に伊都能売神皇がお教えを説いたのはいつ頃なんでしょうかね?

代表先生 悉達太子の時からだから。

参加者 あぁ小さい時から。

代表先生 皇太子の・・・。

参加者 じゃその時聞いた時はまだそんなあれで、後で自分で勉強されて見真実になられた訳なんですね。

代表先生 人を救わないと見真実にはなれないので。大勢の人を救ったから、そして最終的に見真実に達している。ただ伊都能売神皇様から教えられたことを基にしているんだけども、あの方は出家してしまっている。奥さんと子供を捨てた・・、捨てたというかね、皇位も捨ててしまってそういう俗なるものを捨ててやっていったので、そこは真実ではない部分がずーと続いて、見真実に達したわけなんで、で見真実に達した時にそのこと自体は間違ってたということに気付いたんで。

木原 『大仏陀』から教えられたというふうに書いてある。

参加者 大仏陀から教えられた・・・ここに書いてあるんだっけ?

木原 だから、『三尊の弥陀』って、仏陀ってまあいったら三種類あってね。で今おっしゃったように『伊都能売神皇様』から教わったと、で見真実になったと。

参加者 でも伊都能売神皇様には小さい頃から教えていただいてたんでしょう?

木原 うん、だけど早めに言ったら勉強しないから。

代表先生 だって「メシヤ講座」を受けていてもね、いつも同じ質問する時もあるじゃない。

参加者 あっそうですね。

代表先生 そうでしょ、いくら優秀な御釈迦様と言えども、伊都能売神皇様にかかってみたら子供みたいなものだから、だから何回でもお聞きしないと分からない部分は、これはあるわけね。

しかも勉強しただけでも分からないことがあるので、勉強して実践しないと分からない。

で、実践して成功したり失敗したりして分かったかというと、またこれも分からないわけなんで、後はその上に人格を高めていかないと分からないわけなんで、だから教えられて実践して、そして、人格を高めなければ見真実に近づいていくということはできないわけなんです。(後略)

処が其(その)後御位(みくらい)が上られ(下記説明は出雲支部より引用)

312頁の後ろから3行目に

『処が其後御位が上られ、光明如来となられたので、現在は光明如来の御働きである事は信者はよく知ってゐる通りである。』

ここでは『御位』という所に注目をして頂きたいと思います。

昭和27年当時は、『光明如来様』の御働きでありましたけれども、昭和29615日に『メシヤ様』という御位に上られて、そして「メシヤ降誕仮祝典」を615日に執り行いました。そしてメシヤ様は、『儂の事をメシヤと呼べぬ者は出て行け』と、言う位きつく仰ったんですけれども・・・約2か月後に、時の執行部によってメシヤの御名を取り下げました。そして“今迄通り「明主様」と呼びます”と「光明如来様」の働きに下げてしまいます。この御位についての認識が無い為に、御神業が思うように進んで行かないという一番大きな問題があります。

この御位に気付く事こそ昭和59年に起きた「世界救世教の浄化」なんだという、そういう認識に立っておかないと、何時まで経っても御神業を担って行ける、そういう教団にはなって行かないという事ですね。御位は、ずーっと下げて来ております。あれだけですね非常に厳しい教えをしている○○○○会も、今酷い所は「茂吉さん」と呼んでいる人がいるそうですね、岡田茂吉研究所の中では・・・。それから○○○光教団は「岡田先生」でしょ、これ位『御位』を下げている表現はありませんので、御位は下げれば下げる程奇蹟は出難くなって来るので、いくら浄霊をしても奇蹟は出ないという原因は、この御位を下げているという事が最大の原因でありますので、この御位の認識というのをもう一度しっかり持たせて頂きたいというふうに思います。

時節柄普遍化したい課題(下記説明は岡山支部より引用)

《道徳観念の欠如、見直しが急務》

参加者:最近海外でも何とか出血とか言ってますが、あれは何ですか。

代表:エボラ出血熱ですね、あれは、コウモリの中にいるウィルスです、向こうのコウモリです。それを食べた時に火の通し方が悪かったか、糞か何かに触れてしまった人達から入ってきているわけなんですけど、恐らく食べたんではないかと言われています。

エイズはもっと気持ち悪いんですよ。エイズが何故、人間に入ってきたか、聞いたことありますか?・・・エイズは欧州○国人が最初に持って来たんですよ。何をしたかというと、サルと交尾をしたわけなんで・・・ミドリザルの中にエイズのウイルスがあって、それと○国人が交尾をしたから入ってきたと言われています。それでその○国人がタイに来て、タイの女性にうつしてそれが今東南アジアからずうっと日本に、そして日本の○○がタイに行くから、その人達が持って帰って来ているんです・・・そうやって広がって来ているわけです。

だから人間が不道徳なことをやったために、ああいう恐ろしい病気が人間の中に蔓延していっているわけなんでね。で、これを医学的には、薬で何とかしようということで対応しているので、もう対応しきれないわけで・・・道徳観をもう一回持ち直さなければいけない、そういうことをきちんとやっていかなくてはいけないのです。一応安倍総理はそれをやろうとしてますので・・・だからブッシュ時代のアーミテージという国務副長官がいたんですけれど、あの人が最近の新聞に載せているのは、「民主的選挙で選ばれた指導者の中で、これほど短期間に、多くの成果を上げた人物は他にない。」(読売新聞113日付)というふうに評価してます。それ位今日本の課題に取り組んでいます。一回欧米から安倍総理は潰されて、体調が悪いという事で辞めたんですけど、あれは潰されたわけなんで、それで今回は万全の準備をして政権に着きましたけれども、今は閣僚達が足を引っ張っていますけれども・・・。

《戦後教育の欠陥が日本を駄目にする》

また、消費税の問題にしても小委員会で話し合っているようですけれど、今の現状として消費税をどうするかということを、国会でしっかり話し合いしていかないとね、これは消費税どうするかという時に、消費税の精神を話し合ってないから駄目なんで、“何故消費税が必要かということ”今景気が悪いから上げないと言っている、しかし将来の日本の為には上げないといけないという、この将来のためにはこの増税が必要か必要でないかという話し合いをしないといけないのに、経済が好調だから上げるとか、好調じゃないから上げないという、この論理のすり替えが日本人が今一番駄目なところです。それは小学校時代から税金とは何かということを教育してないために、いい大人になっても税金を払うことの意味がさっぱり分かってないという事です。

景気がいいから上げてもいいと、また2%上げると景気が下がるじゃないかと、こんな論理しか出来ないので、日本人の政治が成熟できない原因ですので・・・税金とは一体何かと、何のために必要なのかという教育を子供の頃からしてないために、いい大人になっても、あんな論理の展開しか出来ないような状態になっているので、この点を日本人はですね、ああいう国会放送とかを聴きながら反省していかなくてはいけないですね。職場でもそういうことを話して下さいね。そうして拡げていかないとですね、日本人が税金に対して考え方がきちんと捉えられていないのでね。そうかと言って私は税金を上げることに賛成しているわけではないですので、出来れば上げない方がいいと思っているんですけど。(笑い)

しかし、将来の国の財政からいくと上げていかないといけないところがあるし、天下りは2年間だったと思いますけど、同じ関係のところへ就職するのはいけないという法律が出来ているけど、あれは全廃しないといけないですね、そういうことを遣りつつ税金を上げていくという事ならいいんですけどね。要するに無駄使いが多すぎるので、無駄使いを無くしつつ、税金をどうしても必要ならば上げていくというような話の仕方をしていってもらわないと、日本はいつまで経ってもいい国に、真にいい国になっていかないと思いますね。アメリカの占領下のままの国で終わってしまうと思いますので・・・その点ですね、先月お話しましたノーベル賞受賞した人の中で、文化勲章を戴いた天野浩さん、名古屋大学の教授が、戴いた後の感想を言っていたでしょ、聞いてませんか・・・「これほど緊張したことはない」と。

参加者:そこは聞きました。

代表:あれは何故緊張したんですか・・・神様の前に出たから・・・現人神の前に出たから緊張したんです。天皇陛下というのは神様ということを言ってはいけないと言って、戦後教育を受けてきたけど、神様なんです、生きてる・・・だから、制約を受けて好き嫌いが言えないし、行事をきちっとこなしていかないといけない、その決まったことをやるという制約を受けた存在ということは神様なわけなんですね。だから、その神様の御前に出て戴いたから緊張したわけなんですね。 (この内容については、他支部で「『神格をいただく道』の内容を最も実践されている御方と受け止めることができる意味でも神様である」と説明しましたので、加筆します。)

だからオバマ大統領は今度選挙で負けるでしょうけど(笑い)、オバマさんが天皇陛下の前に出た時も非常に平身低頭したというのは、アメリカから天皇を見ていても何とも無いんだけれども、御前に行って天皇陛下に会うと自然に頭が下がる、そういう存在なんですね。(後略)

[print_link]

 

Print Friendly