節分・立春祭(平成31年2月)

「節分祭」御讃歌 

節分の 夜に退(やら)はれし艮(うしとら)の 金神復(ふたた)び  現(あ)れますめでたさ

光明世界 2S10. 3. 4節分

 

厳(いず)の神 この世の閻魔と現はれて 世の罪裁く  時となりける

S29. 3.23春季大祭御詠

 

如何ならむ 罪も赦させ如何ならむ 罪も尤(とが)むる  厳(いづ)の大神

光明世界 2S10. 3. 4節分

 

常立(とこたち)の 神の贖(あがない)なかりせば 此天地(あめつち)は  滅びしならめ

光明世界 2S10. 3. 4節分

 

幾千歳 積りつもりし三界(さんがい)の 穢(けが)れ浄(きよ)むる  時となりけり

御讃歌集(改訂版)S26.5

 

誤れる 道や心に気付かずば やがて滅びむ  神の審判(さばき)に

御讃歌集(初版)S23.7.1

 

「立春祭」御讃歌 

 

長き世を かくろいませし常立(とこたち)の 神出(い)でまさむ  春立つ今日の日

救世49号S25. 2.11立春御歌

 

この仕組(しぐみ) 言うてはならじ言はざれば ならじと宣給(のたま)う  常立(とこたち)の神

S29. 3.25立春祭御詠

 

禍(わざわい)と 吉き事一度に来つるなり 世の替り目の  時となりなば

地上天国13S25. 2.20大浄化

 

心から 今日のよき日を祝(ことほ)がむ 弥勒(みろく)の御代(みよ)の  境(さかい)なりせば

地上天国13S25. 2.20大浄化

 

善は栄え 悪は滅びむ世は今や 来らむとすも  嬉しからずや

S25. 2. 4立春御歌

 

白梅の 香りも高く魁(さきが)けて 外国(とつくに)までも  匂ひぬるらん

S29. 3.25立春祭御詠

 

[本部祭典 節分・立春祭 2019(平成31年)年2月3・4日]

この投稿へのお問合せ

立春祭並びに世界救世(メシヤ)教開教記念大祭(平成29年2月)

立春祭並びに世界救世(メシヤ)教開教記念大祭(平成28年2月)

メシヤ様御書
メシヤ様御書

体験報告

「青年会発足に至るまでの経過報告」
岡山支部 原田舞

「過去の帰属教団の癖から脱却を」
愛媛丹原集会所 辻隆志

「御経綸は着々と進んでいる、その証」
新潟出張所 庭山光太郎

 

代表挨拶 楳木和麿

皆さん、立春祭並びに世界救世(メシヤ)教開教記念大祭おめでとうございます。 “立春祭並びに世界救世(メシヤ)教開教記念大祭(平成28年2月)” の続きを読む