メシヤ講座・特選集no.143(平成24年12月分)

<御教え>

『文明の創造』科学篇
胃病

(文創  昭和二十七年)

 本文は『文明の創造』153ページに記載されています。(『文明の創造』購入方法は「出版案内」を参照ください。また、研鑚資料『文明の創造 二・上』では94ページです。) “メシヤ講座・特選集no.143(平成24年12月分)” の続きを読む

メシヤ講座・特選集no.142(平成24年11月分)

<御教え>

『文明の創造』科学篇
心臓

(文創  昭和二十七年)

 本文は『文明の創造』149ページに記載されています。(『文明の創造』購入方法は「出版案内」を参照ください。また、研鑚資料『文明の創造 二・上』では91ページです。) “メシヤ講座・特選集no.142(平成24年11月分)” の続きを読む

メシヤ講座・特選集no.141(平成24年10月分)

<御教え>

『文明の創造』科学篇
薬毒の害

(文創  昭和二十七年)
本文は『文明の創造』142ページに記載されています。(『文明の創造』購入方法は「出版案内」を参照ください。また、研鑚資料『文明の創造 二・上』では84ページです。) “メシヤ講座・特選集no.141(平成24年10月分)” の続きを読む

メシヤ講座・特選集no.140(平成24年9月分)

<御教え>

『文明の創造』科学篇
霊主体従

(文創  昭和二十七年)
本文は『文明の創造』135ページに記載されています。(『文明の創造』購入方法は「出版案内」を参照ください。また、研鑚資料『文明の創造 二・上』では77ページです。) “メシヤ講座・特選集no.140(平成24年9月分)” の続きを読む

メシヤ講座・特選集no.139(平成24年8月分)

<御教え>

『文明の創造』科学篇
無機質界

(文創  昭和二十七年)

本文は『文明の創造』131ページに記載されています。(『文明の創造』購入方法は「出版案内」を参照ください。また、研鑚資料『文明の創造 二・上』では73ページです。) “メシヤ講座・特選集no.139(平成24年8月分)” の続きを読む

メシヤ講座・特選集no.138(平成24年7月分)

<御教え>

『文明の創造』科学篇
人間と病気

(文創  昭和二十七年)

本文は『文明の創造』127ページに記載されています。(『文明の創造』購入方法は「出版案内」を参照ください。また、研鑚資料『文明の創造 二・上』では68ページです。) “メシヤ講座・特選集no.138(平成24年7月分)” の続きを読む

メシヤ講座・特選集no.137(平成24年6月分)

<御教え>

『文明の創造』科学篇
栄養

(文創  昭和二十七年)


本文は『文明の創造』115ページに記載されています。(『文明の創造』購入方法は「出版案内」を参照ください。また、研鑚資料『文明の創造 二・上』では57ページです。) “メシヤ講座・特選集no.137(平成24年6月分)” の続きを読む

メシヤ講座・特選集no.136(平成24年5月分)

<御教え>

『文明の創造』科学篇
結核と特効薬

(文創  昭和二十七年)


結核の薬位、次々と出るものはあるまい。近年になってセファランチン、ペニシリン、ストレプトマイシン等々、之等は今随分もてはやされてゐる。恰度ちょうどかの流行のやうである。 “メシヤ講座・特選集no.136(平成24年5月分)” の続きを読む

メシヤ講座・特選集no.135(平成24年4月分)

<御教え>

『文明の創造』科学篇
自然を尊重せよ

(文創  昭和二十七年)

医学特に結核患者に対しては、安静を最も重要とされてゐるが、之は前にも述べた如く大変な間違ひである。ではどうするのが一番いいかといふと、何よりも自然である。自然とは自分の身体を拘束する事なく、無理のないやう気儘きままにする事である。 “メシヤ講座・特選集no.135(平成24年4月分)” の続きを読む

メシヤ講座・特選集no.134(平成24年3月分)

<御教え>

『文明の創造』科学篇
結核と精神面

(文創  昭和二十七年)


結核について、割合関心を持たれてゐないものに精神面がある。処が事実之程重要なものはない。 “メシヤ講座・特選集no.134(平成24年3月分)” の続きを読む

メシヤ講座・特選集no.133(平成24年2月分)

<御教え>

『文明の創造』科学篇
肺患と薬毒

(文創  昭和二十七年)


現在の結核療法について注意すべき事は、今最も有効とされてゐるものに気胸療法がある。之は肺に空洞のある場合、肺胞を萎縮させて出来るだけ縮小させようとして肺の活動を鈍らせる。つまり肺の安静法で、その空洞の原因である濃度の喀痰かくたんも固まると共に、空洞も縮小され、一時は小康を得るが、普通人の生活をするやうになると再浄化が起り、元の木阿彌となるのが殆んどである。としたら之も根本的療法でないのは勿論である。  “メシヤ講座・特選集no.133(平成24年2月分)” の続きを読む

メシヤ講座・特選集no.132(平成24年1月分)

<御教え>

『文明の創造』科学篇
肺炎と結核

(文創  昭和二十七年)


寒冒と最も密接な関係ある病気としては、言う迄もなく肺炎と結核であらう。特に現在日本に於て、最も悩みとされてゐるものは之であるから、充分解説する必要があらう。 “メシヤ講座・特選集no.132(平成24年1月分)” の続きを読む