学びの資料「節分祭」「立春祭」 (2)(平成31年1月)

原田 穣

   

国常立尊様について

 

我々は、昨年6月以降、メシヤ様をメシヤたらしめておられる大神様を祭典毎に、我々人間が心の底からお迎えさせていただきたいという強い思いを以って、お詫びと感謝を捧げつつお迎えさせていただいてきております。そうした中、昨年の12月23日の「御降臨祭」には、五六七大御神様の体であられる日月地大御神様を、この地球の現界(地)に我々のお詫びと誓詞を捧げてお迎えさせて頂きました。 “学びの資料「節分祭」「立春祭」 (2)(平成31年1月)” の続きを読む

学びの資料「節分祭」「立春祭」(1)(平成31年1月)

原田 穣

 

(1)節分と国常立尊様について

 

“節分の意義につき御教へを御願ひ申し上げます。

「国常立尊が厳格でありました為、他の神々から排斥されて押し込められた日を、節分といふのであります。冬から春に転換する、即ち節が分れるから節分といふのであります。」 “学びの資料「節分祭」「立春祭」(1)(平成31年1月)” の続きを読む

学びの資料(平成30年11月度)

日月地(五六七)大御神様とミロクについて(1)

原田 譲

10月には、メシヤ様の御教えと昨年から現在に至るまでに御垂示いただいた伊都能売大神様のことについて整理して学ばせていただきましたが、今月からは2ヶ月間に亘って「日月地(五六七)大御神様とミロクについて」を、学ばせていただきたいと思います。 “学びの資料(平成30年11月度)” の続きを読む

太陽神についての学び(平成30年5月)資料その1

<研鑽資料>
太陽神についての学び(その1)

※今月は、庭山顧問の骨子を紹介しつつ、学びの視点を、(その1)の資料とし、お示しすることとし、お寄せいただいた皆様の学びや体験、該当する御教えなどを盛り込みつつ、来月は(その2)としてまとめ、実践に役立つ講座資料として行きたいと思います。 “太陽神についての学び(平成30年5月)資料その1” の続きを読む