祭典の意義と想念(平成29年10月)のあり方

<研鑽資料>

平成二十九年十月二十六日「伊都能売大御神様御出世奉祝大祭」の意義と想念のあり方について

 

〇本祭典に至るまでの経緯

当岩戸観音堂にご奉斎されている「伊都能売観音様」は、昭和十年当時、メシヤ様と遠戚関係にあられ、小樽定山渓自動車道株式会社支配人であった地崎宇三郎氏の発願により、厳しい風雪の中、死傷者が続出していた、小樽札幌間自動車道開削工事の、安全と無事の開通を祈願し、同年十月二十六日、当地にご奉斎された、メシヤ様御真筆の観音像であります。 “祭典の意義と想念(平成29年10月)のあり方” の続きを読む