メシヤ講座no.185浜松(平成28年7月)

<今月の御教え>

『はしがき』

本文は『天国の福音書続篇(一)神観 主神様とメシヤ様』1ページに記載されています。

 

【メシヤ講座 浜松支部】

 

御教え研鑽の心構え「宗教概論」

楳木代表

地上天国祭の時にお話ししましたように、ミクラタナの神様から御垂示をいただいたため、その内容を現実のものにしていくために、この『主神様とメシヤ様』という本を、すぐ勉強し始めるように御指示があった訳ですが、夏から勉強する予定だったので、“18ページの『世界救世(メシヤ)教教義』からスタートすれば良い”と思っていたのですが、『「はしがき」を読まなければいけない。』という御指示がありました。それで、私の文章ですけれども拝読として読んでいただきました。

この「はしがき」をどうして読まないといけないかというと、御在世中の先達やあるいは各世界救世(きゅうせい)教三教団をはじめとした教団で、論理的にこのように構築しているところが、文章としては発表していないので、『これをしっかり信者さん方が肚に入れて、それから御教えの研鑽に入るように。』という御指示であったので、これを今日は読ませていただきました。できるだけ言わんとするところを、肚に入れていただければありがたいと思います。

そして来月からは、『本教の誕生』から拝読をさせていただきます。

19ページ。この拝読をする場合、大きい文字じゃなくて小さい文字を拝読していきますので、目の焦点が合わない方等は眼鏡をきちんと持って来て、小さい文字を読めるような状態で来ていただきたいと思います。

これを読み終わりますと、○○さんと○○さんから、「今月はこういうことを覚らせていただきました。」っていうのを発表してもらいますので。その発表したのと「私達も同感です。」という場合はもう皆さんには何も聞きません。しかし、「いや、今月だけは私はこういうことを新たに覚りました。」という内容があったら、それを述べていただいて、それから私がまとめと、それから御垂示を頂いた内容を少しずつ皆さん方にお伝えさせていただきたいと思います。

それで、この『天恩地恵』がもう到着しているので、地上天国祭の時の内容というのは一度目を通していただいていると思いますけれども、今回の御垂示内容が、今までとは違った形で届いてきておりまして、私も地上天国祭の時までに十分整理ができていませんでした。

地上天国祭の挨拶では分かり難かったことと、私の顔が険しい顔をしていたので、随分皆様方にはご心配をおかけ致しましたが、そういうことがあったのでこの『天恩地恵』には、追加の文章を載せてあります。

悟りの内容をもう少し整理して追加して載せさせていただきましたので、その点を併せて読んでいただければありがたいと思います。

 

開拓布教と御教えと学術論文

楳木代表

そこで、どういう御垂示の差があるかということを少し説明させていただきますけれども、今までの中で話も少しはしているのですが、私は昭和48年に、当時の世界救世(きゅうせい)教の中に設立された救世専門学院の二期生として入学しました。

その時に私が高校を卒業して大学に行くか、それとも世界救世(きゅうせい)教の教育機関に入っていくかを比べて考えていた時に、当時救世専門学院は非常に素晴らしい教授達が陣容を固めていました。取り分け京都大学の現役教授とですね、大阪大学の現役教授と・・・それを退官して、京都産業大学その他の私立大学で教鞭を執っている教授と防衛大学の教授が、故松本明重外事対策委員長(当時)の人脈で集められて、・・・その当時日本のトップレベルの話をしてくれるという、そういうパンフレットが届いたので、「あっ、こっちの方が得だなあ」と思って。しかも、皆さん方のお蔭で年間一人頭300万円の予算を組んで教育をしてくれるということであったので、奨学金を得て普通の大学へ行くよりもこっちへ行った方が様々な学びをできるだろうと思って入りました。いざ入ってみると、大体、講義は120分あるのですが、一番強烈だったのは京都大学の教授の授業でありました。

私の同期生は四十数名いましたが、学力的にはかなりの差がある中で講義が始まったのですが、中には、哲学の言い回しとかがもうややこしいので、時々ウトウトとする人がおりました。

そうすると、指差しで、「貴様!わしの授業を何とする!」。こういうふうにしてその人を叱り付けるわけなのです。「日本でわしの授業を聞けるのは京大の哲学科の人間と、それから京大の大学院生と、それから同じ様に研究をしているグループのこれだけしか聞けないのだ」と。「その授業を居眠りするとはけしからん!もう、すぐ退学せよ!」とこうやって怒り付けてくる。

こんな情熱のある教授が日本にいるのかなあと思って、それは非常にびっくりしましてね、その授業は非常に一生懸命聞いた、そういう思い出があります。

そういう思い出と、もう一つは、これも京都大学の農学部の教授ですが、専門は農業経営学の教授が来まして、開口一番「私達は戦後の食糧難を農薬と化学肥料によって乗り越えて来た。」と。「そういう我々の苦労に対して自然農法とはけしからん。」と、こういうふうに。「自然農法を薦めるとはけしからん。こんな宗教団体があるとは思ってもみなかった。」とか言って授業を、まあ農業経営学が専門なのでどうやって増産していくかとかそういうことが中心だったのですが、そういう講師も来ておりました。非常に良い講義もあるのですが、私はメシヤ様の御教えを実現する為に学ぶ場所として行ったにもかかわらず、教えに反するような講義も結構あるので非常に悩みました。

悩み切っていた時に京都平安郷の警備が当たりました。一期生と二期生で大体、80数人おりますので、二ヶ月に一遍ぐらい夜警の奉仕がありますが、それをひと回り懐中電灯照らしながら隅々まで回ってきて、その宿直室みたいな所で仮眠をとってウトウトっとした時に夢を見ました。池畔亭(ちはんてい)の前にバス停がありまして、そこにバスがスーッと到着して、窓が開いていて窓には先達のお歴々がずっと座っておりました。そしてメシヤ様を御迎えし、バスの中からですけれども御迎えする姿勢で頭を少し下げておりました。そこへメシヤ様がバスのステップに片足をおかけになられて振り向いて、私に「おい、開拓布教に行くぞ!」と言って声を掛けていただいたので、「はいっ」と言って私が続いたところで目が覚めたわけなのです。

それで、これは何でこんな夢を見たのかというふうに考えて、その日巡らした時に、やはりメシヤ様の御教えというものを学術的に裏付ける内容と、それからこの世の中をミスリードしてきた、そういう学問というのがあるので、それをしっかり分析してメシヤ様の御教えの裏付けになるものはそのように裏付けていく。それからミスリードしたものは、これはメシヤ様の教えとは反対側の理論だということできちんと整理していく。“そういうことをした上で布教しなければ『開拓布教』ということには繋がらないというふうに御教えいただいたのだろう”と思って、それからさらに肚を固めて勉学に励みました。

そうして理論体系を整えるという作業をずっとその時から積み重ねていったわけなのですが、まあそういうふうにメシヤ様の姿を直接見せていただける、声を直接掛けてくださるというようなことで私は悩み切った時には乗り越えてきました。

また、その後5年間、総本部の編集部というところで職に就いたので、全国の信者さん方が御教えによってどのように信仰を積み上げていらっしゃるか、或いは浄霊によってどのように救われているか、それから現場の指導者がどのように皆さんを導いているかということを、取材を通してつぶさに見つめることができ、現状が良く分かったのですが、その当時からやはりメシヤ様の御教えから程遠い信仰生活であるというふうに映ったので、その都度私は本部へ帰ってから上司に報告して、「メシヤ様の御教えはまだ反映されてない。」と。「これを改革していかなければいけません。」といつも報告して、原稿も、所謂、信者さん方が素晴らしく御用しているという原稿に留まらず、「この様に取り組んでいるけれどもメシヤ様の示されたところを目指すのであればまだまだ課題がある。」というような書き方をしているために、上司からは疎まれまして、5年で現場に出されました。

もう帰ってくるたびに若造が、意見するような話を報告をしてくるわけなので、上としては気分が悪かったのだと思います。

 

メシヤ様を拝して在り方を決めた青年布教師時代との違い

楳木代表

現場へ出されて、そして高知県というところに赴任しました。ちょうどその時に、統廃合という総本部の方針があり、高知市内に三つ、東西南の三つの布教所があって、それを高知市としては一つにまとめて、それで周辺の市町村に、信者さんがまとまる所に布教所を作るという、そういう取り組みに入ったところでした。前の担当者が、事情があってできなくなったので私が高知市の隣の伊野町(現・いの町)というところに布教所の設立の準備に入ることになり、準備委員長としてずっと積み重ねて、当時350世帯ぐらいの布教所ができました。そこで支えてくれる人達というのは、大きい世帯の布教員というのは100世帯ぐらい預かっていて、小さい布教員というのは30世帯ぐらいの布教員もいたわけですが、村会議員とそれから50人ぐらい従業員を抱える中小企業の社長と、それから板金塗装をやる町工場の社長と、それから自然農法を実施している農家、この4人が布教員として支えてくれていました。その下に代表世話人や世話人という組織が出来上がってきたのですが、何せその時、26、7歳だったので、先輩の信者さん方から見ると、やっぱり足りなかったのだろうし、色々意見もされました。

その意見の中で一番困ったのが、祝詞奏上の仕方です。私の声がこの様に高い声で上げるし、それから祝詞をはっきり上げていくので、「声もついていけないし、祝詞がありがたく聞こえない。」と・・・、「神社の神主みたいにわからんように奏げてくれないか。」と。そういうような要望があったり、集会をやる度にそんな要望がいくつも来たりしたので、祝詞奏上については悩み切りました。

その時、メシヤ様がお出ましになって最初から最後まで天津祝詞を奏上してくださったのです。その祝詞というのはメシヤ様の御声をテープで聞かれた方は分かるように、ああいう甲高い声で、朗々とはっきり祝詞を奏げられたので、“その祝詞奏上を生涯目指して、自分も先達をする時にはそういう祝詞を奏上していこう”とそういうふうに肚を決めたので、その後色々文句を言われても、「すいません、地声なので我慢してください。」とか、まあ、そういうふうにあしらいながら御神業を進めることができました。そのように、若い時からそういう形で直接示されたので非常にありがたく御神業を進めることができたのですが、今回だけは人を介して伝えてくる内容なので、まあ非常に最初、困るというか“本当かなあ”という感じが随分しました。

そして、その伝えてくる人も、最初にメシヤ教に入会したのは昨年の3月3日のメシヤ降誕本祝典記念大祭を執り行った翌月に、その人はある教団の中でも悩みに悩んで、そしてメシヤ教のホームページを見つけて、“ここだったらきちんとした信仰ができる、或いは学びができる”ということで訪ねて来て月次祭に参加したわけですが、その参加した帰りから、ある所からパッと意思が届くようになって、『今のメシヤ教はメシヤ降誕本祝典記念大祭を執り行ったので、ヤレヤレという気持ちになっている』と。それから『他の教団はやったことがないので偉大なる祭典を執り行ったことが良かったということだけで今は進んでいる。』と。『これだけでは田舎宗教みたいなもので終わってしまうので、その代表になっている楳木自身がもう一歩高まって進んでいかないといけないのだ。』というような意思が来て、そして『だから今後どうなるか分からない。』というふうに言われたそうです。

折角良い宗教だと思って入って来たのにいきなりそういうのが来たので“もう行かない方がいいかなあ”と思ったところ、『しかし毎月絶対欠かさず行って様子をしっかり見ながら自分も勉強をしなさい。』というふうに言われたそうなのです。その人はそういうことは一切言わずにずっと来ていたのですが、ご承知のようにメシヤ教は法難を受けて、様々体制を整えなければいけないことが出て、よっぽどこのメシヤ教を潰したいのだろうということから、私は体制を立て直して参りました。それと同時にこの『入門と奥座敷』という本の、出版準備をずっと三重支部と一緒に進めてきて、“大体これで次の段階に行けるなあ”と私が思った頃からまたメッセージが届き始めたそうなのです。その人に。そして事細かく私の姿勢とか、それから『信者さん方の今の状況とかをこの様に変えていくようにということを伝えるように。』という内容だったので、「一信者が代表先生にそんなこと言えるわけありません。」ということで、「そんな大事なことは直接お伝えください。」というように頼んだそうなのですが、神様の方では『今まで直接伝えて、そしてここまで来たけれども、これからは自分の中に沸き立つものが無ければ世界救世(メシヤ)教を復興するということができない。』と。

それを受けて『世界救世(メシヤ)教が復興出来なければ、世界を天国化することはもう不可能に近いので、何とか心の中に沸き立つものが出来るように伝えるように。』というふうに御指示されて、「いやそれでも深刻な内容なので私はお断りしたい」というふうにその人が答えたところ、メシヤ様と私とその人の関係を明かされたそうなのですね。(一部、割愛します)

まあそういう所から正確に伝えられながらまとめた内容が今回書いた内容です。

それと同時に、自分が覚って霊性が高まれば信者さん方の霊性が高まるということを言われているので、肚の中ではそういうことが本当にできるかなあというふうに思っていたところ、『このことを信者さん方に話したら分かる人しか集めてない。』と、メシヤ様が。『分からない人間は全部途中で離れさせている。』と。『話が分かる人間しか連れて来てないので大丈夫だ。』ということで皆さん方はみんな分かる人なのだと。(笑)良かったですね、分かる人間だというふうにメシヤ様から御認証いただいている人達ばっかりなので・・・。

 

腹の底まで見透かされている状態

楳木代表

それでこういう経緯を説明するのに、まず3日の日に本部の月次祭でお話ししたら、その晩またメッセージが届きまして、『今日の話は硬すぎる。』と・・・。

『重大な話なので真剣に話すというのは良く分かるけれども、こちらが真剣に硬く話していくと受け取り側も硬くなって、受け入れようと思っても何か受け入れ難いところがあるので、みんなの気持ちをほぐしながら話せ。』というふうに御指示が来たのです。

「それでは三回ぐらい笑いを入れたらいいでしょうか。」とお伺いすると、『それぐらいでいい。』ということなので、必ず笑わせながら話さないといけない、という、まあ・・・。

月次祭の話をした夜、その間の人は九州の人ではないので、見てもいないのに「こういうことを知らされたので、言いにくいんですけども・・・」ってメールで来るので、もう肚の底を見透かされているような状態なのです。

それからもう一つは、今、このメシヤ教は、浄霊力は2000人を越える人に伝授しているけれども、信者さんの実数は少ない状態なので、“こんな小さい組織でそんな大きなことができるわけがない”というふうに私はまだ思っていたのです。そしたら、『小さいから出来ないと思っているだろうが、小さいから徹底出来るのだ。』と。信者さん方に。『分かる人を集めているので。その分かる人にこの教えを徹底さえすれば、その人たちがグンと高まるから、高まった瞬間から渦が回ってきてみんなが入ってくるのだ。』と。『そういうことがあるから大丈夫だ。』ということを言われて。そのこともちょっとこっちが不安に思っていたこともそういうふうに見越して伝えられて来ました。

それが形として現れていることがありまして・・・。(一部、割愛します)

 

光の玉は地球大に、全人類に遍在している

楳木代表

今、メシヤ教のホームページは世界の半分くらいの地域で読まれています。そういうものをチェックする機能が今のホームページにはついているのですが、地図上で分かるようになっています。そういうようにこれから、今は小さいけれど、一気に大きなうねりが出てくるので、まずはしっかりこれによって覚っていくようにということですので、お互いに頑張らせていただきたいと思います。どうか一項目ずつ覚った内容を〇〇さん、宜しくお願いします。

みんなに聞くと、「もう月次祭に行きたくないわ」ということになっては困るので、みんなには聞きませんから(笑い)。絶対に出ないといけない、この家の主と司会者に聞きます。

だからどうしても言いたい人には言ってもらいます。

そういう様なことで進めていきますので、メシヤ教の方針が大きく変わる内容としては御神体の申し込み方法が変わってきます。

(以下、御神体の説明は割愛します)

そして、これから世界救世(メシヤ)教を復興していくためにはメシヤ様を教祖と仰ぐ教団が〇の場合、メシヤ教が﹅(ちょん)になるという働きに移っていくということですので、また、これからは幾重にも力を授けてくださるので、『物事が非常にスムーズに行くようになる。』とおっしゃってくださったので、私の大腸、直腸が相当浄化で痛み、腹の中をきれいにして、光の玉を入れてくれるのかなと思い、神様にお祈りをしていたら、何と、『これからは光の玉を入れてやりたくともできないのだ。』と。

メシヤ様が御昇天した理由というのは・・・。昭和25年6月15日に光の玉の中に、ミクラタナの神様が御宿りになって、そのあとの8月1日にお話しになったのは『この宿ったものがだんだん成長されるに従って、大威徳を発揮される』とおっしゃっています。その御言葉どおりすごい勢いで成長され、メシヤ様の身体に留まることができなくなり、メシヤ様は肉体をなくされたということです。

人間的にみると御法難のときに脳貧血を何度も起こされて、そして、その後遺症で、脳溢血で倒れられたということなので、私は、先達はメシヤ様の御神業をしっかり支えなかったから120歳まで生きるとおっしゃっていたのに73歳でお亡くなりになったのだから、先達の信仰はけしからん!と思って、皆さん方にも話しておりました。

それは人間的に考えれば正しいことなのですが、神界から見るとそういういきさつがあるので、これが、本当に肉体が散ったので『散花結実』とはこのことを言うのだ・・・、と。だからそのように受け止めていただきたいと思います。

そして、その光の玉はもう人間の中に入ることができないほど大きくなって、今は世界に拡がっているので、全人類に遍在している、と。だからメシヤ様の御存在さえお伝えすれば、一挙に奇蹟をあらわせるようになります。

ですから、これからの布教体制というのは、今まではメシヤ様に直に繋がれば多大な恩恵をいただけるとお話ししていました。それは「浄霊力が強くなります。」という説明ばかりでしたが、これからは宗教宗派、民族すべてを超えて、メシヤ様の御存在を伝えて、メシヤ様の御存在を認識さえすれば、即、浄霊をはじめとして、正しい祈りがものすごいスピードで実現するようになるので、これからの布教をいうことを考えれば、そのことを皆さんに伝えていくことが布教ということになりますので、そのように受け止めていただきたいと思います。

 

『天恩地恵』の深い意味

楳木代表

それから、この『天恩地恵』の意味は私の選択の仕方は非常に小さい意味の『天恩地恵』なのだと。真の『天恩地恵』は、天界にこの『ス』という文字があったとすると、それが地上に映ると同時に回転が始まって、いろいろなこと(恵み)が起きてくる、これが『天恩地恵』なのだということです。『天恩地恵』というものはこれからもっともっと大きな意味を発することになります。そういう意味があることを知らされたので、この『天恩地恵』の編集出版部長は大変です。そのことを編集出版部長に話したところ、任の重さに耐えられるか、どうか、と・・・。しかし、それに耐えることができるように昨年大浄化を許され、80歳くらいの顔にまでさせられ、浄められて任を担うために浄化をしたので、やはり神界からの使命はすごいな、と今回聞いて思わせてもらいました。

それから皆さん方にお願いしたいことは・・・、『善言讃詞』を奏上するときに『メシヤの御手に帰一され』というところの前を、今迄より長く間をあけました。それはなぜかというと、『世尊観世御菩薩此土に天降らせ給ひ 光明如來と現じ 應身彌勒と化し』ということを省略しているのだ、ということで、それを想念の中で確認して『メシヤの御手に帰一され』と唱えていましたが、それに加えて『ミクラタナの神様が光の玉に御宿りになったので、メシヤ様に御出世あそばされた』という想念を確立し、『メシヤの御手に帰一され』を奏上していただきたいというのが私の願いです。

それはなぜかというと、メシヤ様に直に繋がるというときに、ミクラタナの神様が宿ったからメシヤ様に御出世あそばされたということがわからない者が、メシヤ様に直に繋がったと言ってもほとんど意味をなさないのだ、と。だから今いる信者さんはミクラタナの神様が光の玉に御宿りになったからメシヤ様に御出世あそばされたということを明確に想念の中に入れておいていただきたい。そういうことによって皆さん方の霊性が高まっていくということでありますので、これからご参拝のときに善言讃詞を奏上するときにはそうしたことを確認しながらご参拝していただければ大変有難いとおもいます。そうしたことをお願いさせていただいて、メシヤ講座とさせていただきたいと思います。

浜松のお盆は今ですが、全国的には8月がお盆ですので、8月の月次祭は1週遅れの25日にさせていただきますので、宜しくお願いします。

以上の話でわからなかったことや、確認したいことがありましたら、あとで聞いていただきたいと思いますので、宜しくお願いします。

ありがとうございました。

 

<来月の御教え>

『「本教の誕生」 世界救世(メシヤ)教早わかり』

本文は『天国の福音書続篇(一)主神様とメシヤ様』19ページに記載されています。

『本教の誕生 世界救世(メシヤ)教早わかり』は平成28年8月に拝読し学び合う御論文です。

 

[メシヤ講座no.185 浜松支部 2016(平成28)年7月14日]

この投稿へのお問合せ