メシヤ講座no.192三重(平成29年2月)

【メシヤ講座 三重支部】

 

<今月の御教え>

「『善悪発生とキリスト教』」(昭和二十七年)

本文は『天国の福音書続篇(一)神観 主神様とメシヤ様』57ページに記載されています。

 

学びの整理と「覚り」報告

支部長代理

皆様、教祖祭、月次祭おめでとうございます。どうぞ足を楽にして下さい。私も楽にさせて頂きます(笑)。 “メシヤ講座no.192三重(平成29年2月)” の続きを読む

Print Friendly, PDF & Email

メシヤ講座no.191三重(平成29年1月)

<今月の御教え>

「『救ひ主と贖罪主』文明の創造」(昭和二十七年)

本文は『天国の福音書続篇(一)神観 主神様とメシヤ様』51ページに記載されています。

 

【メシヤ講座 三重支部】

 

支部長代理報告

支部長代理

皆様、新年祭おめでとうございます。宜しくお願いします。 “メシヤ講座no.191三重(平成29年1月)” の続きを読む

Print Friendly, PDF & Email

メシヤ講座no.189三重(平成28年11月)

<今月の御教え>

「『最後の審判』文明の創造」(昭和二十七年)

本文は『天国の福音書続篇(一)神観 主神様とメシヤ様』42ページに記載されています。

 

【メシヤ講座 三重支部】

楳木代表

まず三重支部の支部長代理からですね、先月から今月にかけての学び、「覚り」を報告して頂いて、それから私の「覚り」、それについての取り次ぎをさせて頂きますので、一旦私は下がらせて頂きます。では宜しくお願いします。 “メシヤ講座no.189三重(平成28年11月)” の続きを読む

Print Friendly, PDF & Email

メシヤ講座no.188三重(平成28年10月)

<今月の御教え>

「『仏滅と五六七の世』文明の創造」(昭和二十七年)

本文は『天国の福音書続篇(一)神観 主神様とメシヤ様』38ページに記載されています。

 

【メシヤ講座 三重支部】

楳木代表

地上天国祭からですね、私たちが「覚り」を啓いて行く道を少しでも進めたいという願いで、メシヤ講座を続けさせて頂いておりますけども、最初に支部長代理から学んだことを話して頂きますので、どうか耳を傾けるときに自分に返して捉えていけるように、そういう事を心掛けながら耳を傾けて頂きたいと思います。 “メシヤ講座no.188三重(平成28年10月)” の続きを読む

Print Friendly, PDF & Email

メシヤ講座no.187三重(平成28年9月)

 

<今月の御教え>

「『悪と守護霊』文明の創造」(昭和二十七年)

本文は『天国の福音書続篇(一)神観 主神様とメシヤ様』30ページに記載されています。

 

【メシヤ講座 三重支部】

楳木代表

それでは改めまして、皆さん、三重支部遷座祭並びに月次祭おめでとうございます。 “メシヤ講座no.187三重(平成28年9月)” の続きを読む

Print Friendly, PDF & Email

メシヤ講座no.186三重(平成28年8月)

<今月の御教え>

「『本教の誕生』世界救世(メシヤ)教早わかり」

本文は『天国の福音書続篇(一)神観 主神様とメシヤ様』19ページに記載されています。

 

【メシヤ講座 三重支部】

楳木代表

それでは改めまして宜しくお願いします。先月は短時日の間に4200キロもいっぺんに車で走って足を痛めたので、ちょっと不格好な姿をしておりますが、お付き合い頂きたいと思います。 “メシヤ講座no.186三重(平成28年8月)” の続きを読む

Print Friendly, PDF & Email

メシヤ講座no.185三重(平成28年7月)

<今月の学び>

「はしがき」

本文は『天国の福音書続篇(一)神観 主神様とメシヤ様』1ページに記載されています。

 

【メシヤ講座 三重支部】

楳木代表

本日は『主神様とメシヤ様』の1ページを開けて頂きまして、「はしがき」を読んで頂きますので、宜しくお願い致します。 “メシヤ講座no.185三重(平成28年7月)” の続きを読む

Print Friendly, PDF & Email

メシヤ講座no.184三重(平成28年5月)

<今月の御教え>

『宗教について』

本文は『天国の福音書続篇(三)入門と奥座敷』47ページに記載されています。

 

【メシヤ講座 三重支部】

 

宗教に対する考え方を整理

楳木代表

昨年までですね、『文明の創造』を拝読させて頂いて、学びを深めて参りまして、今年になってから、『天国の福音書続篇(三)入門と奥座敷』を基に、『世界救世(メシヤ)教教義』や『開教の辞』、それから先月は『天地創造記』を拝読させて頂いて、私達は学びをずっと深めて参りました。これは『世界救世(メシヤ)教』を復興していくという事はどういうことかをお互いに再認識する為に学んできた訳でありますし、又、私達は今、『世界救世(メシヤ)教』という宗教を復興していくという事を願っているが故に宗教というものをもう一度よく理解しておかないといけません。日本人は戦後教育によって・・・、戦前では宗教が間違った方向に利用されて、現在イスラム教がIS等に象徴されているように原理主義的に動いた人々の為に、本来のイスラム教とは違う方向に進んでいるの集団が誕生しているのと同様に、日本も戦時中は神道が政治に利用された為に、今のイスラム原理主義と同じように、多くの日本人を不幸に陥れてしまいました。そういう宗教という捉え方の下に戦後教育は180度転換して、宗教を宗教団体という非常に狭い意味で取り扱う様になってしまった為に、日本人全体が本来の意味と違った宗教への認識を持ってしまいました。そういう中に自分達も生きておりますので、改めて宗教に対する考え方を整理しておきたいということで、今月は学ばして頂きたいという風に思います。

“メシヤ講座no.184三重(平成28年5月)” の続きを読む

Print Friendly, PDF & Email