メシヤ講座no.196岡山(平成29年7月)

<今月の学び>

「地上天国祭」の意義と想念のあり方、「霊層界」

 

【メシヤ講座 岡山支部】

支部長

皆さん、月次祭、おめでとうございます。今年も早いものでもう7月になりましたけど、今年の3月3日までにですね、責任者がある一定のレベルまで到達するようにという事で進めていたんですけど、中々思うように進まなくて、神様の目から見ると眠っていた状態だというふうに言われていました。 “メシヤ講座no.196岡山(平成29年7月)” の続きを読む

メシヤ講座no.194岡山(平成29年5月)

 

<今月の学び>

「開教の辞『世界救世(メシヤ)教の誕生に就て』」

本文は『天国の福音書続篇(三)信仰観 入門と奥座敷』55ページに記載されています。

 

【メシヤ講座 岡山支部】

 

この度の支部長代理の覚り

支部長代理

皆様、月次祭おめでとうございます。 “メシヤ講座no.194岡山(平成29年5月)” の続きを読む

メシヤ講座no.192岡山(平成29年2月)

<今月の学び>

「『善悪発生とキリスト教』文明の創造」(昭和二十七年)

本文は『天国の福音書続篇(一)神観 主神様とメシヤ様』57ページに記載されています。

 

【メシヤ講座 岡山支部】

 

この度の支部長の覚り

支部長

それでは私から学びの“覚り”の報告させていただきます。 “メシヤ講座no.192岡山(平成29年2月)” の続きを読む

メシヤ講座no.191岡山(平成29年1月)

<今月の学び>

「『救ひ主と贖罪主』文明の創造」(昭和二十七年)

本文は『天国の福音書続篇(一)神観 主神様とメシヤ様』51ページに記載されています。

 

【メシヤ講座 岡山支部】

 

御教えを拝読しての支部長の覚りの報告

支部長

それでは私の方からこの御教えでの“覚り”を報告させていただきます。 “メシヤ講座no.191岡山(平成29年1月)” の続きを読む

メシヤ講座no.189岡山(平成28年11月)

<今月の学び>

「『最後の審判』文明の創造」(昭和二十七年)

本文は『天国の福音書続篇(一)神観 主神様とメシヤ様』42ページに記載されています。

 

【メシヤ講座 岡山支部】

 

『最後の審判』を拝読して

楳木代表

それでは(支部長)よろしくお願い致します。 “メシヤ講座no.189岡山(平成28年11月)” の続きを読む

メシヤ講座no.188岡山(平成28年10月)

<今月の学び>

「『仏滅と五六七の世』文明の創造」(昭和二十七年)

本文は『天国の福音書続篇(一)神観 主神様とメシヤ様』38ページに記載されています。

 

【メシヤ講座 岡山支部】

 

御教えを拝読しての支部長の想い

楳木代表

皆さんと共にですね、何とか覚りを啓いていこうということで、私達は進めさせていただいておりますけれども、覚りの世界が頭の中に、先月先々月と想念の世界ではズーッと一塊が出来ているのですけれども、それを言葉に出して人に説明すると中々難しい訳ですね。 “メシヤ講座no.188岡山(平成28年10月)” の続きを読む

メシヤ講座no.187岡山(平成28年9月)

<今月の学び>

「『悪と守護霊』文明の創造」(昭和二十七年)

本文は『天国の福音書続篇(一)神観 主神様とメシヤ様』30ページに記載されています。

 

【メシヤ講座 岡山支部】

 

『悪と守護霊』を拝読しての支部長の想い

楳木代表

「覚り」を開かせていただこうという取り組みも、段々と回を重ねてくると皆さん方の心境も一層高まってくることと思います。 “メシヤ講座no.187岡山(平成28年9月)” の続きを読む

メシヤ講座no.186岡山(平成28年8月)

 

<今月の学び>

「『本教の誕生』世界救世(メシヤ)教早わかり」

本文は『天国の福音書続篇(一)神観 主神様とメシヤ様』19ページに記載されています。

 

【メシヤ講座 岡山支部】

 

「『本教の誕生』世界救世(メシヤ)教早わかり」を拝読して

楳木代表

今月から、月によっては長文の御論文になりますので、拝読を担ってくださる方は一仕事ですけれども、一緒に学びを深めてまいりたいと思います。それでは先月もお願いしましたように、最初に支部長の方から“覚り”の部分を(笑い)・・・覚ったことを皆さん方にお話していただきたいというふうに思います。 “メシヤ講座no.186岡山(平成28年8月)” の続きを読む

メシヤ講座no.185岡山(平成28年7月)

<今月の学び>

「はしがき」

本文は『天国の福音書続篇(一)神観 主神様とメシヤ様』1ページに記載されています。

 

【メシヤ講座 岡山支部】

 

「はしがき」を読んで

楳木代表

今月は、本当は18ページのですね、『世界救世(メシヤ)教 教義』までが拝読範囲になっているのですが、祭典の中で『世界救世(メシヤ)教 教義』は拝読をさせていただきましたのでここまでとします。来月からは19ページの『「本教の誕生」世界救世(メシヤ)教 早わかり』から1項目ずつ勉強させていただきます。拝読をしつつ、支部長と出張所長にそれぞれ覚ったことを報告していただいて、そして皆さんにですね、さらに皆さん方の心に湧き立つものを喚起できるようにですね、そういう勉強会を来月からさせていただきたいと思います。 “メシヤ講座no.185岡山(平成28年7月)” の続きを読む

メシヤ講座no.184岡山(平成28年5月)

<今月の御教え>

『宗教について』

本文は『天国の福音書続篇(三)入門と奥座敷』47ページに記載されています。

 

【メシヤ講座 岡山支部】

 

宗教というものをもう一度考えていただきたい

楳木代表

この「入門と奥座敷」に沿って、今年になってからですね、『世界救世(メシヤ)教教義』、それから『開教の辞』、先月は御論文の『天地創造記』を拝読させていただきまして・・・、そして、拝読した上でもう一度ですね、私達は“何の為に宗教をやっているのか”ということを整理したいためにですね、この「宗教について」というものをここに載せております。

“メシヤ講座no.184岡山(平成28年5月)” の続きを読む